二社間ファクタリングのメリット

subpage01

売掛債権の譲渡という仕組みで資金調達を可能にするファクタリングというサービスは、資金調達に苦労している経営者を救う資金調達の手段の一つです。

銀行からの融資を何かしらの事情で利用する言葉難しい場合、比較的速やかに資金調達が可能なファクタリングに注目が集まるの危機介入の観点からも当然のことであると言えるでしょう。


しかしながらこのサービスにもいくつかの種類が存在しており、仕組みについてしっかりと理解しておくことがとても大切になります。

ファクタリングの為になる情報です。

まず大きく分けてファクタリングには二社間と三者間の契約が存在しています。



二社間とは自分の会社と売掛債権を買い取る業者の二つを意味しています。三者間というのはこの二社に加えて売掛金の先となる企業等を含めることになります。この仕組みに従うと、二社間で契約をする場合には取引先に走られることなく売掛債権の譲渡が可能になりますが、三者間契約の場合にはこの様なサービスを利用することを知られてしまうことになります。そのため二社間ファクタリングの方が対外的には安心することが出来ると言えるでしょう。

エキサイトニュースの情報ならお任せください。

この様なサービスを利用するということ自体が資金繰りに問題が発生しているということを推測させてしまいますので、ビジネスにおいてはマイナス要因となってしまう場合が少なくありません。
そのため資金調達のためにファクタリングを行うのであれば、二社間契約を選択した方が良いと考える経営者は少なくないのです。